本文へ移動

園長の子育てブログ

ブログ

Q.41英語はいつから学ばせた方がよいでしょうか?

2022-07-05
NEW

A.何の為に英語を学ぶのか、目的によって始める年代は変わるのではないかと思います。

【目的別にその道の専門の先生に聞きましょう】

 音楽であれば、絶対音感体得のための時期はありますし、スポーツは、小さい頃から始めた方が才能の芽が出るものもあります。

 それぞれの専門がありますので、受験に有利な英語をお求めなら塾の先生に、流ちょうな英会話をお求めなら、英会話学校の先生に聞くことをお勧めさせていただきます。


【国際的なお仕事に役立つ英語力をお求めになるなら】 

 将来国際的なお仕事に役立つ英語力をお求めなら、書類を読んだり研究論文を書いたりするかもしれません。

 その為には、学校の英語から始めて、英会話やリスニング以外に、英文法、英文解釈、英作文などをきっちり、学年ごとの積み上げ式に英語学を固められた方がよろしいのではないでしょうか?


【国際的な仕事に役立つ教養】

教養として、世界史、宗教的知識、哲学(知らないと会話について行けないことがあるようです)や、日本史(母国のアイデンティティとして質問されることがあります)等の学問も必要だとお思います。

その他に、英語圏の人々のものの見方考え方、文化、現代のトレンドなども知っておく必要があると思います。


【お仕事に役立つ趣味】 

 ゴルフやつりなどの趣味を通じた交友関係が、仕事の広がりにつながることもあります。折紙やあやとり、お手玉等の特技が、海外の方との会話のきっかけになることもあります。

【何歳からでも習い事は始めることが可能】

 伊能忠敬は、日本の地図作りのために、55歳から71歳まで、日本中を同じ歩幅で歩いて測量したと言われています。

 老化防止のためにフラダンスを始める方がいますし、認知症防止のために、ピアノや英語を始めるシニアの方もいます。

 

【英語を始める目的は?】

 直接的な答えになっていないかもしれませんが、 英語を何の為に始めるのか、目的によって始める年代は変わるのではないかと思います。

Q.40子どもが母親の私にになじんでくれないのですが、どうしたらよいですか?

2022-07-04
NEW

A.1お子さまの作品の処分の仕方について

A.2親子のコミュニケーションについて

A.3田浦幼稚園はお寺の幼稚園なので、主に心の周波数の調え方でお応えさせていただきます。

 

【対象年齢や生活スタイルによってもお応えは違うのですが】

 思春期のお子さまはかなり暴言を吐くことがあります。二世帯でお住まいなら、厳しいお母さんより優しい祖父母にお子さまがなつくことも考えられます。 また、お母さんがばっちり仕事をしていて、なかなか親子の会話がままならないことも考えられます。

 対象年齢や生活スタイルによって、お応えが違うのかもしれませんが、3点に絞ってお伝えします。

 

A.1お子さまの作品の処分の仕方について

【幼稚園から持ち帰った作品を目の前で処分していませんか?】

 「ママは、僕(私)のことが嫌いなんだ。」と言っているお子さまがかつていました。よく聞いてみると、母の日のプレゼントとして持ち帰った作品を、ママがすぐにゴミ屋さんに出してしまったのだそうです。お子さまが幼稚園から持ち帰った作品は、ゴミに見えるようであっても、大事に一端飾った方がよろしいのではないかと思います。

 

【お子さまの作品の処分の仕方1】

そして、お子さまがわからないように処分する工夫をされることをお勧めします。


【お子さまの作品の処分の仕方2】

 お取り置きしたものをお子さまに見せて、『どれかさよならしないとしまいきれない。どれならさよならできる?』と聞きます。『さよならできる。』といったものを、処分します。『全部さよならする。』と言ったら、ママ自身が取っておきたいものだけを残します。

 

A.2親子のコミュニケーションについて

【「おかあさん、あのね。」と言ったときに】

 お母様が自分になついてないと思っていたとしても、小さなお子さまは、お母様のことが本心では大好きだと思います。

 「おかあさん、あのね。」と言ったときに、手を休めて、聞いてあげるのがベストですが、忙しいママは、その通りにできないことも多いかと思います。


【会話のひとときを工夫する】 

 一緒におやつを食べる、お風呂に入る、寝る前に一緒に横になる等、時間を決めている人もいるかと思います。

 その他に、お買いものに一緒に行っているとき、ママが運転しているとき、ママが洗濯物をたたんでいるとき、ママがテレビを見ているとき等、お子さまがママに話しやすい時間を提供することも親子の会話を増やす工夫かと思います。


【愛されている幸せ】

 お子さまのお話を聞く時間を大切にすることで、お子さまに、愛されている幸せを感じていただけるのではないかと思います。

 

 

A.3田浦幼稚園はお寺の幼稚園なので、主に心の周波数の調え方でお応えさせていただきます。

【お子さまのかわいらしさをしみじみ思い出してみましょう】

お子さまを授かってから今までの中で、お子さまのかわいらしかったことを思い出してみましょう。

例えば『初めての足形がかわいらしかった』とか、『すやすや寝ているときのあどけない顔が天使のようだ』とか、初めて『ママと言ってくれたとき嬉しかった』等です。

ワンシーンで大丈夫ですから、子どもを持って嬉しかったシーンを、思い出して、『ママの所に来てくれてありがとう』を『心から』してみましょう。『しみじみ心から』が鍵です。

 

【自分のお母様へのありがとうでも代替できます】

お子さまのかわいらしさがどうしても、思い出せないこともあるかと思います。その場合は、自分を産んでくれたお母様への感謝でも大丈夫です。

ご自分のお母様は、トイレトレーニングが終わるまで、何回オムツを替えてくれたのでしょう?何回食事を作ってくれたのでしょう?当たり前だと思っていた自分はいませんか?

 熱を出したときの、心配そうなお母様の眼差しを思い出してみましょう。

 

【『ありがとう』を3ヶ月くらい心の中で続けてみましょう】

翌日も別のシーンでも同じシーンでもよいので、思い出して『心からありがとう』をしましょう。

要は心からのありがとうを続けることをお勧めします。

1週間忘れてしまったら、思い出したときに再開すれば大丈夫です。『諦めてやめてしまわない限り成功する。』という言葉もありますから、続けましょう。

 

【ご自分の心の周波数が変わることで、周りの見え方が変わります】

だいたい3ヶ月くらいすると、変化が訪れるはずです。相手の変化ではなく、ママ自身の心の中の変化です。

今まで出していた目に見えない『お悩み周波数』が『ありがとう周波数』に波長が少しずつ変わるのです。そうすると、周りの見え方も違って見えてきます。


【夫婦不和、嫁姑問題でお悩みの場合でもこのやり方は有効です】

夫のことでお悩みの場合も、お姑さんのことでお悩みの場合も、やり方は一緒です。嫌だなと思う相手でも、必ず善いところの一つはありますから。

 

【母の愛は感謝から始まります】

 『愛は感謝から始まる。』これは、仏様の言葉です。

母の愛は、お子さまが我が子として天から授かったことへの感謝から始まります。そして、ご自身がお母様に愛されたことをわずかでも思い出すことで、その思い出が、お子さまを愛する出発点になることもあります。


わたし達田浦幼稚園は、母としての幸せを味わうことができるよう、みなさまを応援しています。

Q.39 2022年の夏の熱中症対策はどうしていますか?

2022-06-29

A.文科省の熱中症対策のもと、外遊びの時はマスクを外しています。日よけとしてのテント、涼しさを感じるためのミストなども用意しています。

室内でも、熱中症対策としてできるだけマスクを外し、エアコン、扇風機、空気清浄機を作動し、まめに水分補給をするなどしています。


【外遊びで体力作りを】

外遊びは、毎日太陽の光を浴び、新鮮な空気の中、走り回っています。
病気に負けない健康な体力作りをしています。

【室内遊びで人間関係調和力を】

室内遊びは、新型コロナウイルス感染者が少ない状況だからこそ、マスクを外して、互いの表情に気づくよう声をかけています。また遊び方も、1カ所にブロックなどを出して、「かして」「いいよ」「あとでね」等の声の掛け合いができる状況を設定しています。但し、マスクを外すのは強制ではありません。

【マスクを外して、相手の気持ちを読み取る力を】

『相手の気持ちを表情から読み取ったり』『声をかけたり返事をしたり』のやりとりは、人間関係を作っていく上で非常に大切な、非認知能力の一つであると思います。
そのため、新型コロナウイルス感染が少なく、熱中症対策でマスクを外すこの時期に、人生の基礎作りとして、人とのほどよい距離感や人間関係調和の育みをしていきたいと願っています。

【昼食は感染性対策】

昼食時は、感染症対策として、パーテーションを使用しています。水筒の中身が無くなった場合、教員が麦茶を補給しています。


 

Q.38子育てに自信がなくなったら、どうしたらよいですか?

2022-06-08

A.子育てで自信がある方は、滅多にいませんので、当たり前の感情だと思って大丈夫だと思います。

 

1)【おしゃべりの効用】

 女性は、自分の悩みを話すだけでも気持が安らぎます。ママ友やご自分のお母様、公共の子育て相談室等に相談されてみてはいかがでしょうか?女性にとってのおしゃべりは、気分転換になることがあります。

2)【子育てに正解を求めていませんか?】

 人との比較や標準値との比較で、一喜一憂されていませんか?お子さまが何歳になっても『自分の子育てはこれで良かったのだろうか?』と、思うことがあるのではないでしょうか?子育ての正解は、幾通りもあるのだろうと思います。学校の勉強のように正解を求めて、苦しくなっていらっしゃいませんか? 

3)【人生は一冊の問題集】

 兄弟姉妹を育てていらっしゃる場合、お子さまの持って生まれた個性があります。兄弟姉妹が同じ子育て方法で通用するかと言ったら、そうでもないことがあります。
人生は一冊の問題集とも言われています。 お子さまの個性に自分を変えて合わせていく、母親としての自分を磨く課題はあると思います。
古来より、男性は仕事を通して、女性は家庭生活の中で、人としての器を広げてきたのではないでしょうか?

4)【欠点を埋め合わせる良いところがあると、信じましょう。】

 自分に自信がなくなり、マイナス感情に押し流されそうになったら、自分にも神様仏様から授かっている素晴らしさ(仏教では仏性(ぶっしょう)と言います。)がきっとあると思いましょう。
そして、自分の良さを書き出してみましょう。人によく褒めてもらえるところでも良いと思います。
一つでも書けたら良しとして、自分の良さを、思いついたときに書いて、その数を増やしていけば良いと思います
書いた物を時々見て、『自分にも良いところがある』と自分に言い聞かせましょう。
欠点を埋め合わせる長所が授かっていることに、感謝の気持ちが湧いてきたら、立ち直りの兆しは見えてくると思います。

5)【我が子の心は操縦できません】

子育てに悩みはつきものです。お腹を痛めた我が子であっても思い通りにすることはできません。『人の気持を操縦することはできないこと。自分の心はコントロールすることができることを、神様仏様は、教えようとして下さっているのかもしれません。

6)【子育ては社会貢献】

 お母様が我が子を、大人になるまでに家庭人として社会人として育て上げることは、立派な社会貢献だと思います。母親業は、人類の未来作りのお役に立っていると思います。お子さまのために日々工夫されているお母様の姿こそが、お子さまに生きる力を与えるのだと思います。

Q.37令和3年度まで週1回の全員給食が、令和4年度から週2回になったのはなぜですか?

2022-06-07

A.保護者さまのご要望が、週2回の全員給食だった為です。

  令和3年12月にご飯給食業者のエンゼルフーズさんが、給食についてのアンケート調査を、在園児保護者さま向けに行ったところ、全員給食週1回希望が24%、週2回希望36%、週3回が26%でした。
 そこで、幼稚園側が、週1回週2回のそれぞれの月額料金を提示した上で、再度アンケート調査をしました。アンケート対象者は、在園の進級児保護者さまと、アンケート調査中に来園された、新入園児保護者さまで、回収率は89%でした。
 アンケート結果が、週1回希望者は36%、週2回希望者は64%だったため、令和4年度4月より、全員給食は週2回となりました。進級児保護者さまに令和4年2月4日にアプリで、入園児保護者さまには、令和4年2月3日のお手紙で、結果報告を致しました。
令和4年1月24日付の全員給食回数に関するアンケートはコチラへ
令和4年2月3日付の全員給食回数に関するアンケート結果報告はコチラヘ
TEL. 046-861-0720
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
田浦幼稚園
〒237-0075
神奈川県横須賀市田浦町5丁目51
TEL.046-861-0720
TOPへ戻る