本文へ移動

園長の子育てブログ

ブログ

Q.133 幼児期から寄り道をしない理由

2024-02-27
Q.園児が、真っ直ぐに帰宅するのは、そんなに大事ですか?
A.小学校に上がってから、寄り道をしないで帰る為の準備になると思います。将来仕事に役立つ『段取り力』や『公私混同を防ぐ力』の種まきにもなると思います。
 

【園児の寄り道とは?】

寄り道の代表的なのが、園バスを降りて、親子でそのまま公園で遊び、子どもが遊びから家に帰る定刻に帰宅するパターンです。次に多いのが、制服のままお友だちの家やマンションの集会所に親子で行き、夕方遅くに自宅に帰るパターンがあります。
 

【幼児期の習慣力】

幼児期の良い習慣は、一生の宝になります。なぜなら、この時期は、純粋で吸い取り紙のように吸収力があるので、表面意識のみならず、潜在意識まで行動パターンが入り、定着化する可能性があります。
 

【小学校に行ってから寄り道しないようにすれば…】

小学校に行ってから寄り道しないように、子どもに言えば良いのではないかと、思われるかもしれません。幼稚園の時は、親子で真っ直ぐ家に帰らなかったこともあるのに、学校からまっすぐ帰るその理由の説明をお子さまに求められたら、矛盾した話にならないよう配慮が必要だと思います。

【仕事に役立つ段取り力の種まき】 

家に帰ってから、着替えて出るまで、約束の時間と場所に到着するには、『時間の逆算の計算』と、『支度の速さの調整』など、将来仕事に役立つ段取り力の種まきを、しています。小さい頃に経験していると、児童や生徒になったときに、お友だちを待たせたり、しないお子さまになります。

【制服で公私(外と内)の切り替えの種まき】

制服を公(パブリック)と考えると、私服は私(プライベート)です。服を着替えることで、公私(外と内)の区別がしやすくなります。例えば、私服で幼稚園に来ると、幼稚園の約束事を忘れてしまうお子さまは、結構います。その為、田浦幼稚園では、一端家に帰ってから幼稚園に来る場合も、制服を着てくるよう、お願いしています。

〈公私混同の芽〉

幼児期に、制服を着たまま、公園で遊んだり、お友だちの家に行ってしまった場合、公私(外と内)が曖昧になります。大人になると、公私混同は仕事上避けるべき事ですが、以外に、子ども時代にその芽を種まきしているのではないかと、感じています。

【お子さまにとっては、父母がお手本】

乳幼児期は、善悪の判断前に、父母のまねから習慣化が始まります。
幼児期の良い習慣を、大人になってからの良い習慣につなげていきましょう。

Q.132 保護者さまの感動

2024-02-16
Q.幼稚園での、親としての感動ってどんなことがありますか?
A.行事での感動が多い様子です。特に運動会や発表会は、2歳児クラス、年少中長組と4段階の成長を見ますので、感慨もひとしおの様子です。

 【最も印象に残ったこと(年長組保護者さまのお声から)】

〈運動会〉

♡運動会。年少年中年長と、走るのが速くなっていたり、みんなで息を合わせるパラバルーンの演技を見て、とても感動しました。

〈発表会〉 

♡発表会。2歳児クラスから4年間の成長を見ることができました。
 
♡発表会。学年事に学年に合わせたないようですが、日に日に成長していく、わが子の姿を見ることができました。手作りで暖かみのある空間でした。
 
♡年長組発表会。3年前では考えられないほど自信を持ち、とても誇らしかったです。
 
♡発表会。2歳児クラスから年長組にかけての成長を見ることができました。

〈先生〉 

♡入園して間もない頃、担任や未就園児教室の先生、保育補助の先生、みんなで見守ってくれて安心感を感じました。

〈その他〉 

♡卒園アルバム作り。
 
♡どれも思い出に残ります。
 

Q.131欠席の多い子と出席が多い子の違いは?

2024-02-08
Q. 欠席の多い子と出席が多い子の違いはなんですか?
A.『体力』と『非認知能力』の違いです。
 

【体力】

〈基本的生活習慣の確立〉

幼児期に、基本的生活習慣を確立していることは絶対に大切です。基本的生活習慣は乳幼児期にできあがるからです。学校生活はもちろん、将来仕事を円滑にする上でも、家庭生活を円満に営む上でも基本になります。お休みが多いと、毎日の習慣が崩れやすいです。
 

〈歩く力は基礎体力のバロメーター〉

幼稚園の外遊びは晴れている日は必ず致します。日の光を浴び健康的です。走ったり、ジャンプしたり、お散歩したり、足が丈夫になります。幼稚園の欠席が多いと、坂道を走ったり、100段位の階段を上がるのに、苦痛を感じる様子です。歩く力は基礎体力のバロメーターになっていると思います。
 

【非認知能力】

〈非認知能力とは〉

非認知能力は、数値で測れない能力のことで、代表にあたるのは、努力する力(自制心、忍耐力、知的好奇心等)と人間関係力(思いやりの心、コミュニケーション力等)です。
 

〈コミュニケーション力〉

幼児期に身につけるコミュニケーション力は、将来仕事に就いたときのチームプレーや組織能力につながる大切な能力です。言葉かけや、相手の表情や声色から察する力や、人の話を聞く力自分の気持ちを伝える力は、教員の導きの下、幼稚園の遊びの中で育まれます。
 

〈採用試験で重要視される項目〉

現代の会社等の採用試験で重要視される項目は、学歴でも家柄でもなく、コミュニケーション力なのだそうです。小学校以降は、学力を身についていきますので、コミュニケーション力を、実地で身につけることができるのは、日本の場合、その場面に応じて、先生がアドバイスできる幼稚園時代の遊びの中と言われています。
 

〈コミュニケーションの根底にある愛の心〉

相互理解は、無味乾燥な伝達ではありません。人を思いやる心や、支え合って生きていることへの感謝の心が根底にあってこその、コミュニケーション力です。田浦幼稚園では、日々の生活の中で、ギブアンドテイクではなく、与え合うことを大切に育みます。
 

〈2歳児組や年少組で欠席が極端に多い場合〉

2歳児組や年少組で、欠席が多い場合は、久しぶりに幼稚園に来た日に幼稚園生活を忘れてしまっていて、幼稚園のルーティーンを思い出すのに一日かかります。二日三日続けて通園すると、幼稚園生活を思い出すのですが、又休みが長く続くと振り出しに戻る傾向にあります。その為、非認知能力の経験を積む機会が少なくなります。
 

〈年中組年長組で欠席が極端に多い場合〉

年少組と比較して、活動の速さが早くなります。その為、久しぶりに幼稚園に来ると、お友だちの助けてもらったり、自分でも周りを見ながら、みんなの足並みについてこようと、けなげに努力されています。
 

事情で幼稚園の欠席が多い場合の家庭の工夫〉

お友だちとの経験で身につける非認知能力の中の人間関係力に関しては、グループで活動するスポーツが幼稚園の代用になるかもしれません。例えば、野球やサッカー、バスケットボール、チアダンスなどです。個人競技に関しては、自制心や忍耐、知的好奇心などの努力の姿勢が養われるのではないかと思います。
 

〈欧米と日本の非認知能力の獲得方法〉

欧米では非認知能力獲得方法が確立されていますが、日本では、民族性や文化が違うので、欧米のやり方をまねてもうまくいかないのだそうです。日本流の非認知能力獲得方法は、確立されていません。
 

〈非認知能力の中にある処世術〉

人と関わる時の処世術に関して。人との関わり方は、いろんなパターンと組み合わせがあり、田浦幼稚園ではその都度丁寧に伝えています。小学校に入学すると色々な乱暴な言葉が飛び交ってびっくりする様子です。いろんなお友だちと過ごすにあたってのいわゆる処世術は、どの人にも必要です。

 

〈非認知能力の中の、人に簡単に流されない能力〉

田浦幼稚園のお友だちは、善悪の物差しは知識だけではなく、幼稚園生活の中で培っています。その為、お友だちから誘われても、それは意地悪だと思うと、一緒になってやらない傾向があります。『自分はそう思わない。』『人にされて嫌なことをしたらいけないよ。』などを言い、人に簡単に流されない傾向性があります。
 
 

〈小学校での嫌な雰囲気を察知する力〉

『小学校でいじめはあるけど、田浦幼稚園出身の生徒は、いじめが行われそうな雰囲気を感じるのか、「ちょっとこれは違うな。」と察するのか、いじめの現場になぜかいないようだ』と、保護者さまが語ってくれたことがあります。
 

〈仏の心の教えで非認知能力の獲得をしている田浦幼稚園〉

『人にされて嫌なことはしない。人にされて嬉しいことをする。』は世界共通のゴールデンルールと呼ばれている、善悪の物差しです。知識として知っている領域を越えて、体験で培っているので、卒園後も役に立っていると、親御様からお手紙やお言葉を頂くことがあります。
 

〈幼稚園の遊びは学びに満ちています〉

幼稚園での遊びを、学校のドリルで例えると、基本問題は『貸して』『仲間に入れて』『いいよ』『後でね』『ありがとう』等です。練習問題にあたるのが、『ルールを守って行動すること』『相手の気持ちを聞くこと。自分の意見を言うこと等』です。応用問題にあたるのが、意見が対立したときに、『調整したり第3の道を提案したりする事』に当たると思います。
 

〈幼稚園の遊びは非認知能力獲得の宝庫〉

幼稚園の遊びは非認知能力獲得の宝庫です。一人っ子や、第1子など、兄弟姉妹での葛藤がないお子さまは、特に多様な性格の人が楽しく過ごしている幼稚園を選ばれると経験が積まれると思います。思いやりとチャレンジ精神を願われるなら、田浦幼稚園にお任せ下さい。

Q.130 風邪をひいたときの欠席目安は?

2024-01-29
Q.風邪をひいたときに、幼稚園を休ませた方が良いのか、行かせてもいいのか迷います。目安はありますか?
A.熱が下がっても、体力は落ちています。熱が下がってすぐに登園して、風邪がぶり返したり、体のだるさ訴えるお子さまがいます。熱が下がった後は、体調に応じて一日か二日程度休養してから登園すると、その後の欠席が少ない傾向にあります。
 

【解熱剤で登園させるのはNGです】

解熱剤で一時熱が下がっても、ぶり返しは起こります。人間には自然治癒の力もありますので、その力を育てることも大切かと思います。『お薬の力』と『自然治癒力の育み』のブレンド加減はご家庭によって様々だと思いますが、体が風邪の菌と戦っているうちは、ご家庭でゆっくり休養させていただければと思います。
 

【熱が下がっても体力は落ちています】

熱が下がってすぐに登園される方もいますが、治りが遅くなってしまったり、登園しても体調不良でお迎えに来ていただいたりする事があります。熱が下がった後、お子さまの体長に応じて、一日か二日ご自宅で休養をとられてから、登園されると、その後の欠席は少ない様子です。
 

【咳だけが出る場合】

咳の程度にもよりますので、医師にご相談ください。
 

【鼻水だけが出る場合】

新型コロナウイルス感染が拡大していた頃は、お休みしていただきましたが、今はご家庭の判断にお任せしています。鼻水程度なら、登園されている方が多いです。ご心配なら、医師にご相談ください。
 

【無理をして風邪をこじらせないように】

熱はないけれど風邪気味だなあと感じたら、早めにお休みをさせて休養を取り、翌日登園されている方もいらっしゃいます。幼児期のお友だちのとの関わり合いは、コミュニケーション力の基になるので、とても大切です。欠席が長引かない工夫をお勧めします。

Q.129 幼稚園の預かり保育は託児ですか?

2024-01-18
Q.昨今は、こども園も幼稚園も長時間の預かり保育をしているのですが、託児をしているのですか?
A.幼稚園は教育施設なので、預かり保育も、お世話をする託児ではなく、園内のルールに基づいた教育をしています。
 
【託児と教育の違い】
託児は個人的なお世話が中心です。幼稚園は学教教育のスタートの位置づけですので、預かり保育も、一人一人を教え導く場合もありますが、集団の中での学びあいやルールに沿った生活等の『教育の位置づけ』となります。
 
【通常保育、アットホーム預かり保育】
保育前の朝の預かり保育や、保育後の預かり保育を、田浦幼稚園ではアットホーム預かり保育といっています。家庭で過ごすように、温かく和やかな活動を主としているので、託児的雰囲気もあります。通常保育の中で行われている、幼稚園でのルールに沿っての活動です。
 
【長期休暇中の特別プログラムの預かり保育】
朝から帰りまで、教育的要素が組み込まれています。2歳から3歳のお子さまは、他学年にくらべると、活動の速度が、ゆったりしています。令和6年度から、在園児の他に、卒園した1年生も参加対象になりますが、幼稚園でのルールの下での活動になります。
TEL. 046-861-0720
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
田浦幼稚園
〒237-0075
神奈川県横須賀市田浦町5丁目51
TEL.046-861-0720
TOPへ戻る