本文へ移動

園長の子育てブログ

ブログ

Q.45素直な子に育てる方法。

2022-07-14

Q.素直な子に育てる方法はありますか?

A.素直な子に育てる方法はあります。ガミガミ怒らずに、褒めて、のびのび、おおらかに育てることだと思います。

 

【ガミガミ怒鳴ると、いじけた子になりやすいのではないでしょうか】

ガミガミ怒鳴ってしまったときに、自分を振り返ってみましょう。親のストレスが重なっていて、はけ口になっているとしたら要注意だと思います。いじけたり、疑い深くなったり、劣等感のかたまりに、我が子をしたくないものです。

 

【お子さまの輝き(善性)を信じましょう】

 お母さまは、たとえ世間様に笑われようとも、お子さまの持って生まれてきた輝き(善性)を『いつかきっと輝く』と信じましょう。大器晩成で、伊能忠敬のように50代後半から70代に輝く人もいるのです。母親の、ただひたすらに信じる力は、お子さまにとって、輝き(善性)の源泉になると思います。

 

【お子さまの素直さは、『我が子も他のお子さまと同じように、善なる魂を宿して生まれてきている』と信じるところから始まると思います。】

お子さまの長所を褒めることで、おおらかに、伸びやかに、素直に育ってくれるはずです。

 

【欠点を美点に換える】

お子さまの欠点しか見えないこともあるかもしれません。そのようなときは、欠点が別の美点につながらないか考えてみて下さい。例えば、とっても頑固な子で困ったなあと思って他としても、別の見方をすると、意志が強いという見方になります。

 

【人の話に耳を傾けることができるように】

「あなたは、自分の気持ちをしっかり持っているところが、本当に素晴らしいとお母さんはいつも思っているの。素敵な強さを持っているあなただからこそ、お友達の話に耳を傾ける強さもあるよね。」と言うところで、素直さを引き出してみてはいかがでしょう?

 

【褒めるだけでなく善悪を教えておく】

『嘘をつくなかれ、盗むなかれ、だますなかれ。』などは、長い人類の歴史の中で、残ってきた、叡智です。人として生きていく上で大切な善悪を、教え込んでおくと、良心が磨かれることと思います。


【素直な子に育てる為のポイント】
1)ほめて、のびのび育てる。
2)お子さまの輝きを、信じる。
3)欠点を美点に換えて見てみる。
4)人の話に耳を傾けるように。
5)善悪を教え込んでおくこと。

田浦幼稚園では、素直なお子さま育むために、お手伝いできることが、他にもあります。一度子ども達の様子をご覧になりにおいで下さい。




 


田浦幼稚園
〒237-0075
神奈川県横須賀市田浦町5丁目51
TEL.046-861-0720
TOPへ戻る