園の概要

― outline —

豊かな自然の中で「自分が大好き」なお子さまに

 

花と緑と野鳥の歌う田浦山に抱かれた、豊かな環境の中で、しなやかな『たくましさと優しさ』を育くみます。

幼稚園名
田浦幼稚園
設置者
宗教法人盛福寺
代表役員
山崎恵文
園長
杉山智子
開園
昭和28年7月4日
施設概要
【園舎】 オープンエリア設計・鉄筋コンクリート2階建て
延床面積686.79㎡・男女児別トイレ配置
【園庭】 面積536㎡、総合遊具 【グラウンド】792㎡
教育時間
9:00〜14:00
休園日…土曜日、日曜日
預かり保育
7:00〜9:00、14:00〜19:00
長期休園
夏休み、冬休み、春休み
長期休園中の保育時間
7:00〜15:00
スクールバス
園バス2台ワゴン車1台
駐車場
25台

 

創設の精神は『愛情保育』

 

田浦幼稚園 創設者のご紹介

田浦幼稚園創設者

 田浦幼稚園の創設の精神は、『愛情保育』でした。愛情保育とは、「見返りを求めないで子ども達に愛を降り注ぐ『布施の心』」を表した言葉です。
 現在園長を務めております私、杉山智子は、田浦幼稚園創設者である山﨑恵満和尚の孫になります。私が伝え聞いております恵満和尚のエピソードから、みなさまに創設者の願いを感じて頂ければ幸いです。

 戦後間もない頃は、物もお金も不足しがちの時代でした。僧侶はお盆の頃になると、檀家様廻りをしてお経を唱えます。しかし、新盆(にいぼん)にもかかわらずお招きをされない家があったので、心配した恵満和尚が訪ねていきました。
 仏壇にお経を唱え終わると、バタバタと小銭を集める音がして、お布施を渡されました。和尚はそれをありがたく受け取ると、「私からのお布施です」と言って、頂いたばかりのお布施をそのまま仏壇にお供えして帰りました。
 その家からは翌年もお招きはありませんでしたが、和尚は檀家様廻りの途中で立ち寄り、お経を唱えた後、「私からのお布施です」と言って、袂からリンゴを1個取り出し、仏壇にお供えして帰ったそうです。

 この話を和尚の遺族が知ったのは、和尚が亡くなって何年か経ってからのことでした。
 ある日お年寄りの方が、お寺に訪ねて来て下さいました。
 「恵満和尚はいらっしゃいますか? あのときの小銭で給食費を支払い、お陰様で子ども達は元気に育ちました。和尚に一言、あのときのお礼がしたいのです。」
 和尚の遺族は、そこで初めてそのお話を知りました 

 見返りを求めない与えっきりの「布施の心」は、今も「さわやかな愛」として、田浦幼稚園の子ども達に根付いています。

 

創設者 山﨑惠満 略歴

明治34年(1901)8月16日生 岐阜県羽島市足近町にて、尾畑家の長男として生れる。
大正7年(1918) 愛知県一宮市 妙興寺 妙興禅林(僧になるための修行所)卒業。
大正8年(1919)より
同13年(1924)
名古屋市徳源専門道場師家 妙心寺管長関盧山に就いて禅学修行。
昭和2年(1927) 臨済宗円覚寺派 田浦山盛福寺(せいふくじ)住職の山﨑家に養子に入る。
昭和5年(1930) 田浦山盛福寺第14代住職就任。同年5月、鎌倉の名刹、鎌倉五山の一つである建長寺派浄妙寺の88代住職、松永智養の長女、達子と結婚。
昭和25年(1950)6月1日 幼児の健全な成長を強く願い、地域の子どもたちの為に、寺の本堂に盛福寺保育園を開園する。
昭和27年(1952)12月25日 田浦幼稚園に改園し認可を受け、初代園長に山﨑達子就任。
昭和29年(1954) 臨済宗円覚寺派の宗務総長に就任し、2期5年を務む。
昭和46年(1971) 山﨑惠満は、これまで内助の巧に支えられ、盛福寺住職として精力的に活動し檀家を手厚く加護する。甲斐あって檀家からも大変敬 愛され、盛福寺の発展に多大なる貢献を果たす。これまでに、連合町内会長、民生委員、市PTA会長、市佛教会長、市幼稚園会長等を歴任し、社会の発展と地域住民の生活向上にも尽力する。又、横須賀市会議員として5期20年に渡り奉職に携わり、昭和39年(1964)には横須賀市議会議長の要職も務める。
同年11月3日 これらの功績が認められ、「勲5等瑞寶賞」叙勲の栄を賜る。
昭和47年(1972)5月18日 永眠、壽満70歳。特旨を以て、「従6位」を追賜せられる。