保護者さまの声

― Voice —

保護者さまの目で見た田浦幼稚園のこと

 

平成30年度 『田浦幼稚園 わくわくおもちゃ箱 ありがとうアンケート』に寄せられた保護者さまからのメッセージです。

保護者さまとお子さまの関わりの中で『お子さまの成長・素晴らしい発見など』のエピソードをご紹介いたします♪

いつもと違うバス停から乗ったり、いつも遊ばないお友だちと遊んだり、お勉強をしたりと、楽しい事だらけだったようです。「また行きたい!」と笑顔で帰って来ました。

普段家では、文字などを書くのを嫌がるのですが、お友だちと一緒だと楽しく文字の練習が出来たようです。後は、おやつの時間が楽しかったようで、「ドーナツがUFOの形だったんだよー!」と教えてくれました♡

わくわくおもちゃ箱が凄く楽しかったようで、3学期に入ってからも「次はいつわくわくおもちゃ箱行くのー?」と聞いてきます。いつも関わりがあまりないお友だちや他学年のお友だちと交流出来た事が、嬉しかったようです。

何度も参加させて頂いていますが、毎回おやつ作りがとても楽しいみたいで、幼稚園から帰るとどんなおやつを作ったか、一生懸命説明してくれます。参加後に頂ける写真を見て、親子でまた楽しかった思い出を話せるのも嬉しいです。

昨年までは、おやつ作りを楽しみにしていましたが、今年はひらがななどのお勉強にも興味が出てきたようで、特に丸をたくさんもらえた事を喜んでいました。また、年賀状を自分から「書いてみたい」と言ってきたので、参加させて良かったなと思いました。私も普段上の子との時間が取れていなかったので、有意義な時間を過ごす事が出来ました。

わくわくおもちゃ箱の中でも1番楽しんでいるのが、パフェなどのおやつ作りのようです。年長組なので「今年で最後のおもちゃ箱だよ」と伝えると、いっぱい楽しんで帰って来て「あぁ楽しかった!」と言っていました。

卒園前、最後のわくわくおもちゃ箱となりました。それが本人も分かっていたようで、「お勉強頑張ってくるね!」と張り切って朝出発しました。毎回おもちゃ箱に参加するのを、本当に楽しみにしていて、帰宅するなり嬉しそうにやったことを報告してくれていました。今回は、「最後だったから、替える時悲しくなっちゃった・・・。」と寂しそうな顔をしていたのが、とても切なかったです。