保護者さまの声

― Voice —

保護者さまの目で見た田浦幼稚園のこと

 

平成30年度 『田浦幼稚園 卒園 ハッピーアンケート』に寄せられた保護者さまからのメッセージです。

保護者さまからの『田浦幼稚園に入園して良かった事・田浦幼稚園の思い出で最も印象に残る事など』のエピソードをご紹介いたします♪

 

入園して良かったと思うことは、人に優しく接することが出来て、活動の中で「あいさつ」「身支度」など、基本的なことかもしれないけれど自分でチャレンジする気持ちが育ったところです。

入園して良かったと思うことは、おまいりや作務の時間を通じて、感謝の気持ちを伝えられる様になったことや、行事の完成度が素晴らしくたくさんの達成感を得ることが出来たと思います。何より本当に毎日幼稚園に行くのを楽しみにしていて、先生やお友達のことが大好きなのが伝わって来ました。ありがとうございました。

入園して良かったと思うことは、兄妹で同じ幼稚園に通わせることが出来、家では兄妹で先生の話をしたり、兄が幼稚園時代を振り返り、妹と同じ年頃の時の話をしたりと、共通の話題が出来て兄妹の仲が良くなりました。また、お友達が出来るようになったことを発見したり、お友達が感じたことを自分のことのように、考え・話すなど、優しい心が育ったことに感謝しています。

入園して良かったことは、子ども自身が幼稚園が大好きで、一度も「行きたくない」と言ったことがありません。園長先生のお話の時間・体操教室・探究保育・月の製作など、楽しそうに幼稚園のことを話してくれます。

幼稚園の思い出で最も印象に残っていることは、親子でガッツリ参加させて頂いた、入園前教室での思い出が忘れられず一生の思い出となりました。毎日毎日、笑顔で時に厳しく接して下さった先生方には本当に感謝しています。

幼稚園の思い出で最も印象に残っていることは、秋の遠足で顔や服が土まみれになりながらも、重たいさつまいもを自分で担いで持って帰って来た姿は、疲れ切っていたけれど自信に満ち溢れた顔で、毎年成長を感じられました。

幼稚園の思い出で最も印象に残っていることは、年長組の発表会を見たときに、年少組からの成長を思い返しとても感慨深いものとなりました。
 
幼稚園の思い出で最も印象に残っていることは、父親が幼稚園のお迎えに行き、「こんにちは」と挨拶した後、名前を言う前に誰の父親かすぐに分かり認識してくれていることに凄く驚きました。
 
幼稚園の思い出で最も印象に残っていることは、母の会スタッフとして1年間活動したことです。子ども達の笑顔の為に、スタッフみんなで色々と活動出来たことは、とても貴重な体験でしたし、田浦幼稚園のことをよく知ることが出来ました。