保護者さまの声

― Voice —

保護者さまの目で見た田浦幼稚園のこと

 

令和元年度 『田浦幼稚園 親子タイム ありがとうアンケート』に寄せられた保護者さまからのメッセージです。

保護者さまからの『お子さまの成長・素晴らしい発見』等のエピソードをご紹介いたします♪

 

遠足でのこと。年少さんの時は、遠足の帰りに疲れてしまい、帰路の半分以上を抱っこして帰ってので、年中さんになった今年の遠足の帰りも抱っこをせがまれることを覚悟していましたが、「先生が『お家に着くまでが遠足です』って言ってたので、ちゃんとお家に着くまで頑張って歩く!」と言って、一度も抱っこをせがまれず、最後まで歩いて帰ることが出来ました。1年で、先生との約束を守ること、また、体力や忍耐力もついて成長を感じました。

作務を初めてやったとき、「ピカピカな心になったよ」とうれしそうに話をしてくれました。休みの日には、家の掃除を手伝ってくれ、びしょびしょな雑巾で床をきれいにしてくれました。一生懸命な姿に感動しました。

入園当初は「行かない」と泣いていた子が、一人で身支度ができて、先生のお話を聞く事ができて、歌や踊りが楽しそうに出来ている事に驚きました。今は毎日「今日は楽しかった」と帰ってきていて、嬉しく思います。

親子タイムで、出席をとり終わった際に、「◯◯ちゃん、どうしたのかなぁ・・・お熱かなぁ。大丈夫かなぁ。」とお友だちを心配している姿に心が温かくなりました。

 

親子タイムが始まるまでの時間、ずっと座って待っていられたこと、先生が「すみれ組さん~?」とおっしゃった後、大きな声で「ハーイ!」とお返事していたこと、大きな声で歌を歌っていたことなど、みちがえるような姿に感動しました。お家に帰ってきた時、「ママ、親子タイムありがとう」と言ってくれて本当に嬉しかったです。

家で見せるものとは違った、とびきりの笑顔がとても印象的でした。ひとつひとつの作業やダンスなど心から楽しんでいる様子で、親と過ごす時間をこんなにも喜んでくれるのかと感激しました。

夕飯を食べ終えた時、突然お手伝いすると言い、お皿洗いを手伝ってくれました。今まで遊ぶ事ばかり、自分の事ばかりだったのが、いろいろな事に興味をもち、行動するようになってきてうれしくなりました。
 
今回親子タイムに参加して、何人かのお友だちと名前を呼び合って楽しそうにお話している姿を見ることができました。最近は家に帰って来るとお友だちと遊んで楽しかったことなどを自分から話してくれることも増えたので、幼稚園での新しい世界が広がっているんだなと思い嬉しくなりました。
 
親子体操も楽しかったが、最後の子どもの成長を発表する場でのみなさんの話を聞いて「あーうちも共感できる!」「それはまだまだうちは出来ない所だなぁ」など、家での一面を聞くことができて楽しかったです。親子参観の場だけでなく、親の交流の場もあるのはいいなと思っています!